40代から始めるピラティス|掲載数は国内最大!全国ピラティススタジオ・検索サイトの決定版!

2024/04/14
掲載店舗数
1759

40代から始めるピラティス

ピラティスコラム

この記事の監修者

中野 彩杏

幼少期より新体操、モダンダンスを学び、高校卒業とともに上京、ダンサーとして舞台で踊る。
踊りの稽古中に足を怪我したのがきっかけでピラティスを始める。
身体を楽に動かせる感覚と心身ともに整っていく感覚に魅了され、地元福岡に戻った後、出産を経て、stott pilates mat&reformerの資格を取得。
新体操講師、ダンス講師をしながらピラティスインストラクターとして福岡のスタジオで約5年間勤め、その後独立。
お客様1人1人のお悩みに寄り添ったレッスンをモットーにプライベートレッスン中心の個人スタジオを開講。
熊本への引っ越しを機に、現在はTwoThreeにてグループレッスン、プライベートのレッスンをはじめ、養成、スタッフ向け研修を担当している。

目次

ピラティスとは?

ピラティス起源と歴史

ドイツ人のジョセフ・H・ピラティスが1914年第一次世界大戦のさ中、仲間の捕虜たちに指導したオリジナルのエクササイズが原点です。 弟子の数は少数でしたが、しっかりとエクササイズは継承され1990年頃になるとニューヨークを中心にメジャーなものへと発展を遂げました。 有名な女優やダンサーの支持が多く、今では世界中へその人気は広まっています。

ピラティスの目的と特徴

ピラティスの目的は主に正しい姿勢を保つ為のインナーマッスルを鍛えることです。 正しい姿勢で生活できるようになると不調が減り、心身共に健康な状態へと繋がります。

ピラティス整体との違い

ピラティスは自分で動き正しい骨格を保てる筋肉を鍛えます。 整体は整体師の施術によって骨格矯正を行います。

ピラティスエクササイズの基本

ピラティスを行う際に大切なのが呼吸と姿勢です。 姿勢はエクササイズによってポジションが様々ですが、呼吸は胸式呼吸を意識しましょう。 お腹を常に薄く保ち、吸う息は胸全体に入れ吐く呼吸で肋骨を閉じていきます。 初めのうちは両手を肋骨に当て、練習を行うことがオススメです。

40代にピラティスを始める理由

40代の心と身体の変化

ホルモンバランスの変化により自律神経の乱れ、体調不良などが目立つようになります。 身体の不調は心の不調へ繋がります。

ピラティスが提供する効果

若返り効果

インナーマッスルを鍛えることにより代謝が上がります。 代謝が良くなるとダイエット効果や肌の調子も整います。

しなやかで強い筋肉の作成

インナーマッスルの強化は、内側から引き締まったしなやかな筋肉を作成します。

自律神経バランスの調整

ゆっくりと深い呼吸は内臓機能を高め血流も良くします。 これらは自律神経のバランス調整にとても効果的です。

姿勢の改善

正しい姿勢でエクササイズを繰り返すことにより、その姿勢保つ筋肉が強化され姿勢改善へと繋がります。

インナーマッスルの強化

胸式呼吸(常にお腹を薄く保つ状態)でエクササイズを行うことにより、お腹の周りをコルセット状に囲む腹横筋(インナーマッスル)が強化されます。

ポジティブな心への向上

前述した通り、身体の不調は心の不調へ繋がります。 健康な身体はポジティブな心を育てます。 正しい姿勢を保つ生活は健康な身体に必要不可欠です。

ピラティスがもたらす肉体的・精神的効果

年齢とともに見える身体の変化

・疲れやすく、疲労感が中々取れない。 ・眠りが浅い ・身体の冷え

40代特有の運動不足及び身体的悩み

身体を動かすことが億劫に感じるようになり、運動不足へ繋がるケースが多く見られます。 運動不足は代謝の低下、肥満の原因に直結します。

精神的な安定

適度な運動はリフレッシュ効果があり、精神の安定に効果的です。

ピラティスの効果的な取り組み方

自宅で取り組むマットピラティスエクササイズ

最近では、自宅でも手軽に始められるエクササイズ動画が多々配信されています。 まずは1つの動きを集中して練習することがオススメです。

効果を高める呼吸法・トレーニング方法

ピラティスの基本は胸式呼吸です。エクササイズを始める前に呼吸法から練習していきましょう。

インストラクターと共に取り組む個別指導ピラティス

プライベートレッスンは正しい動きや姿勢の指導を受けることができるため、より効果を実感することが出来ます。

ピラティスでの成功体験から得られる教訓

継続は力なり

創設者のジョセフ・ピラティスは『10回で気分が良くなり、20回で見た目が変わり、30回で新しい体に生まれ変わる』と述べています。 続けることによって理想の身体へと近づきます。

正しいフォームと呼吸法の重要性

より効果を実感するために正しいフォームと呼吸は必要不可欠です。 初めはインストラクターの指導があると良いでしょう。

自己改善の力

ご自身の身体の悩みとしっかり向き合いましょう。 改善したい箇所、姿勢を確認することは改善の近道となります。

『歳』は言い訳にならない

ピラティスは何歳からでも始めることのできるエクササイズです。 まずは簡単な動きから挑戦し、少しずつ身体の変化を楽しみましょう。

都内で人気のピラティススタジオ紹介

プライベートレッスンを提供しているスタジオ

・zen place pilates ・STUDIO IVY PILATES ・K Village Pilates ・Two Three

マシンピラティスを据え付けているスタジオ

・the SILK ・LALA PILATES ・pilates K ・Two Three

初心者歓迎のピラティススタジオ

・the SILK ・LALA PILATES ・pilates K ・Two Three

高評価のピラティスインストラクター

・zen pilates ・BDC PILATES ・LALA PILATES ・CLUB PILATES

選ばれるスタジオの共通点

1番はレッスンのクオリティです。 経験豊富なインストラクターのレッスンは身体の変化に直結します。

ピラティス資格とキャリアについて

ピラティスインストラクターになろう

年齢や体型制限などはない為、しっかり学ぶ意欲があれば誰でもいつでも始めることができます。

インストラクターの年齢分布

20代の若い方から70代80代で始める方もいらっしゃいます。

40代向けのピラティスダイエット

ダイエットに効果的なピラティス

ピラティスはインナーマッスルを鍛えボディラインを美しく整えます。 代謝アップの効果もあるので痩せやすい身体作りへ繋がります。

実際にダイエットに成功した方の体験談

・通算20回、週2ペースで2か月半ほど経った頃から、久しぶりに会った人から「締まった」と言われることが増えてきました。 ・体重がかなりあったのでランニングなどの運動ができず、負荷の少ないピラティスから始めました。数週間で劇的に体重が落ちるのを感じ、身体がとても引き締まりました。

継続するためのポイント

『〇月までに-〇㎏』など明確な目標を決めたり、一人で続かない場合はインストラクターのレッスンに通う、お友達と一緒に始めるのも良いでしょう。

間違ったダイエットの注意点

何事も無理は続きません。 最初からハードなエクササイズを選んだり、スケジュールを詰め込むことは控えましょう。

関連記事 ピラティスを学ぶためのリソース

終わりに

ピラティスは何歳からでも始められるエクササイズです。 まずは呼吸法から始め、少しずつ身体の悩みに合ったエクササイズを挑戦していくことで身体の変化を実感できます。 この記事を読んだことをきっかけに1人でも多くの方がピラティスを始めるきっかけになれば嬉しいです。

この記事の監修者

中野 彩杏

幼少期より新体操、モダンダンスを学び、高校卒業とともに上京、ダンサーとして舞台で踊る。
踊りの稽古中に足を怪我したのがきっかけでピラティスを始める。
身体を楽に動かせる感覚と心身ともに整っていく感覚に魅了され、地元福岡に戻った後、出産を経て、stott pilates mat&reformerの資格を取得。
新体操講師、ダンス講師をしながらピラティスインストラクターとして福岡のスタジオで約5年間勤め、その後独立。
お客様1人1人のお悩みに寄り添ったレッスンをモットーにプライベートレッスン中心の個人スタジオを開講。
熊本への引っ越しを機に、現在はTwoThreeにてグループレッスン、プライベートのレッスンをはじめ、養成、スタッフ向け研修を担当している。